連載

2018自民党総裁選

相次ぐ政府の不祥事で安倍晋三首相の求心力が低下する中、9月に行われる自民党総裁選への動向を探る。

連載一覧

2018自民党総裁選

石破氏、「1強」体質問う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 自民党の石破茂元幹事長は10日に行った総裁選出馬の記者会見で、安倍晋三首相(党総裁)の政権運営と「1強」の体質を問う構えを鮮明にした。「正直」「公正」と繰り返すのは、森友・加計問題で世論が不満を持つ首相の姿勢との差異を強調する戦略だ。総裁選での劣勢を認識しつつ「アンチ安倍」の旗を立てて受け皿としての実績を重ね、総裁選後に政権が不安定化した際の存在感を確保する狙いもありそうだ。【高橋恵子、木下訓明】

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文2007文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集