メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中露の兵器開発に対抗 宇宙軍創設「国防の屋台骨」

宇宙軍創設について演説するペンス副大統領=ワシントン近郊の国防総省で9日、AP

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は9日、宇宙軍を創設して中露両国の軍備強化に対抗する方針を打ち出した。中露両国は米国の宇宙空間での優位性を覆そうと、衛星攻撃兵器(ASAT)や、宇宙空間をマッハ5以上で飛行する新型の極超音速(ハイパーソニック)兵器の開発を進め、米国への脅威が高まっているという危機感があるためだ。

 ペンス副大統領は9日、国防総省で「米国は新たな脅威に直面している。宇宙軍創設の時期が来た」と演説し…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文799文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです