メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツと世界

米国 大学がプレーヤー厚遇 奨学金・練習スペース、人材囲い込み

カリフォルニア大学アーバイン校のeスポーツ専用アリーナでパソコンに向かう学生=米カリフォルニア州アーバインで2018年7月20日、ルーベン・モナストラ撮影

 優秀なプレーヤーに奨学金--。米国ではコンピューターゲームの対戦競技「eスポーツ」の能力を評価し、奨学金を出す大学が急増している。全米大学eスポーツ連盟は9日、奨学金制度のある大学は2014年は1校だったが、今年は80校を超えたと明らかにした。

 コンピューターサイエンスで有名なカリフォルニア大学アーバイン校は16年、公立大として初めて奨学金制度を設けた。17年は男子学生14人が年間1000~6000ドル(11万~66万円)を受け取り、18年は22人に増やす予定だ。

 西部ロサンゼルスから約60キロ南東に位置する校内には、eスポーツ専用アリーナ(約325平方メートル)がある。高性能パソコン72台が並び、柱にはゲームのキャラクターが描かれている。うち12台は奨学金を受けて大学対抗戦に出るチームの学生専用。1日6~7時間プレーする学生も珍しくないため、長時間座っても腰痛にならないよう椅子は硬めだ。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです