メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツと世界

米国 大学がプレーヤー厚遇 奨学金・練習スペース、人材囲い込み

カリフォルニア大学アーバイン校のeスポーツ専用アリーナでパソコンに向かう学生=米カリフォルニア州アーバインで2018年7月20日、ルーベン・モナストラ撮影

 優秀なプレーヤーに奨学金--。米国ではコンピューターゲームの対戦競技「eスポーツ」の能力を評価し、奨学金を出す大学が急増している。全米大学eスポーツ連盟は9日、奨学金制度のある大学は2014年は1校だったが、今年は80校を超えたと明らかにした。

 コンピューターサイエンスで有名なカリフォルニア大学アーバイン校は16年、公立大として初めて奨学金制度を設けた。17年は男子学生14人が年間1000~6000ドル(11万~66万円)を受け取り、18年は22人に増やす予定だ。

 西部ロサンゼルスから約60キロ南東に位置する校内には、eスポーツ専用アリーナ(約325平方メートル…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1034文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです