メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事院

65歳へ段階的上げ 国家公務員定年見直し 意見提出

一宮なほみ人事院総裁(左)から人事院勧告を受け取る安倍晋三首相=首相官邸で2018年8月10日、長谷川直亮撮影

 人事院は10日、政府と国会に対し、国家公務員の定年を現行の60歳から段階的に65歳へ引き上げる国家公務員法改正を求める意見書を提出した。60歳以上の職員の年間給与は60歳前から3割カットするほか、管理職からは降格させ、後進にポストを譲る役職定年制を導入すべきだとしている。政府は2021年度から3年ごとに1歳ずつ定年を引き上げる案を想定。来年の通常国会で改正案提出を目指す。

 少子高齢化に伴い、経験豊富な高齢職員を活用して質の高い行政サービスを維持する狙い。安倍晋三首相は1…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ユーチューバー 玉石混交、過激動画も相次ぐ
  3. 日南市長 女性職員に「会いたかった」 60人に誤送信
  4. 不適格公務員 パトロール拒否の警官を分限免職 大阪府警
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです