メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

空き家 地域のニーズで変身

 空き家を先の展望もなく管理し続けるのは物心両面で負担となり、所有者には「負の財産」になりかねない。地域の衰退や治安悪化につながる懸念もあるなか、それを逆手にとって活用しようという動きもでてきている。

 ●芸術家の移住促す

 千葉県松戸市のJR松戸駅西口。全国チェーンの各種飲食店が目に付く典型的な郊外の一角で、ある民間プロジェクトが進んでいる。名付けて「MAD City」。駅から徒歩約5分の場所に構えた事務所を中心に、半径500メートル圏内が主な活動エリアだ。一帯に点在する空き家には全国各地から多種多様なアーティストが移住し、地域住民とともに「クリエーティブな自治区」づくりに挑んでいる。

 「まちづくりに必要なのはソフト。つまりアイデア。ハードの整備はいらない」「マイナスのものはプラスの…

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2386文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです