メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん 初代ゆかりの芸の研鑽

歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん=東京都港区で8月6日、宮間俊樹撮影

 明治、大正、昭和の演劇界をリードした名優、初代中村吉右衛門(1886~1954年)の芸を顕彰する「秀山祭九月大歌舞伎」が9月2~26日に東京・歌舞伎座で催される。その中心で、二代目を継いだ吉右衛門さん(74)の心中には、没後60年を超した今もなお、初代への深く強い思いがある。

 吉右衛門さんは初代の孫に生まれ、養子となった。2003年9月、歌舞伎座での「初代中村吉右衛門没後五十回忌追善」で、「河内山」と「俊寛」を演じた吉右衛門さんは、それを機に、芸を継ぐ者として何をすべきかを改めて考えた。その結果生まれたのが、「初代ゆかりの芸の研鑽(けんさん)と伝承」を中心に据えた「秀山祭」であった。

 06年9月に始まり、今年が11回目。歌舞伎座の9月の行事として定着した。「『秀山祭』は、私の生きが…

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです