メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん 初代ゆかりの芸の研鑽

歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん=東京都港区で8月6日、宮間俊樹撮影

 明治、大正、昭和の演劇界をリードした名優、初代中村吉右衛門(1886~1954年)の芸を顕彰する「秀山祭九月大歌舞伎」が9月2~26日に東京・歌舞伎座で催される。その中心で、二代目を継いだ吉右衛門さん(74)の心中には、没後60年を超した今もなお、初代への深く強い思いがある。

 吉右衛門さんは初代の孫に生まれ、養子となった。2003年9月、歌舞伎座での「初代中村吉右衛門没後五十回忌追善」で、「河内山」と「俊寛」を演じた吉右衛門さんは、それを機に、芸を継ぐ者として何をすべきかを改めて考えた。その結果生まれたのが、「初代ゆかりの芸の研鑽(けんさん)と伝承」を中心に据えた「秀山祭」であった。

 06年9月に始まり、今年が11回目。歌舞伎座の9月の行事として定着した。「『秀山祭』は、私の生きが…

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1886文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです