メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

師の息づかいから学ぶ 柳川三味線奏者・林美音子(37)

柳川三味線の魅力を発信し続ける林美音子。写真は今年5月、東大寺(奈良市)本坊で演奏した際の様子=本人提供

 三味線の祖型とされ、現在は京都だけで伝承される「柳川三味線」を受け継ぐ。「古典」と受け止められることが多い地歌の世界で、ジャンルを超えた取り組みにも積極的に挑戦する。「現代を生きる音楽として、より多くの人に親しんでもらうことが私の役目」。笑顔の裏に強い責任感がにじむ。

 柳川三味線は江戸時代初期の形を残すとされ、明治以降に一般的となった「九州三味線」より小ぶりでさおも細い。バチも小さく、勢い良く打ち付けるのではなく練り物をこねるように弾く。「遠音が差す」と言われるその音色は意外に野太く響く。「派手さはないが、この音でしか表現できない世界がある」

 柳川三味線を伝承する一般社団法人「京都當道会(とうどうかい)」の大師範、林美恵子さん(68)を母に…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです