特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

センスのある一手

 久保は[後]3四歩[先]同飛[後]2八角のコースを選択した。自玉の憂いには目をつぶって、桂香得の実利にかけたのだ。

 手番を得た稲葉の対応が注目された。3筋の桂頭攻めは間に合わない。どこに代償を求めるのかと見ていたら、稲葉はひょいと角を上がった。銀冠の頭上を直撃しようというわけだ。[先]6六角のような手は棋譜を並べていると素通りしてしまいがちだが、実はセンスのある一手で実戦ではなかなか指せない。おそらく序盤で[先]7七角と打った時点で、左辺への活用もおぼろげながらに想定していたのだろう。

 久保は予定通り、桂香を回収する。その間、稲葉は8筋に大きな拠点を築いた。両者の主張が正面からぶつかった。久保は桂香得が必ずものをいうと見ている。確かに現状でも[後]8五香の王手が魅力的だ。ただし、検討していた今泉健司四段は「[後]8五香はちらつかせながらすぐには打たず、それを軸に組み立てたい」と話した。その口ぶりは、尊敬する久保の振り飛車の肩を持っているようにも思えた。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文788文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集