メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

内藤礼の作品世界=住友文彦

「内藤礼-明るい地上には あなたの姿が見える」の展示から=永田晶子撮影

 天井から降り注ぐ光の中で、微(かす)かに揺れる糸をじっと眺める。外の暑さを一瞬忘れて、静かに集中する時間が流れる。非日常的な空間で意識をひとつのものに穏やかに向けるのは、どこか宗教儀礼に似ている。

 宗教と芸術は人間の精神活動として深く結びついている。現代社会においても理性で説明できない出来事に理由を与える宗教の力は大きい。そして、その力は祈りや儀礼による身体的な体験が呼び込むものだ。同じようにアートの鑑賞も個人が自らの身体を通して内面と向き合うものである。

 現代の芸術が宗教と異なるのは、多様な個人の感覚を重視し、定められた教義が与えられていないことだ。内…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです