メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風14号

沖縄本島接近へ 大雨、雷に注意呼び掛け

台風14号の予想進路(11日午前0時現在)

 台風14号は11日、沖縄県の南の海上を西北西へ進んだ。夜には沖縄本島に接近するとみられる。気象庁は、沖縄や奄美で大気が不安定になるとして、大雨や雷、強風に注意するよう呼び掛けた。海上もしけ、高波や高潮にも備える必要がある。台風は、12日には東シナ海に抜ける見通し。

     気象庁によると、12日午前6時までの24時間に、沖縄や奄美では多い所で100ミリの雨が予想されている。激しい雷雨となったり突風が吹いたりする可能性もある。

     12日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は沖縄20メートル(30メートル)、奄美17メートル(30メートル)。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
    3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
    4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです