メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイヌ遺骨

返還訴訟ドキュメンタリー 海外映画祭で受賞

受賞トロフィーを持って記念撮影する小川隆吉さん(右)と藤野知明さん(右から2番目)=藤野さん提供

 北海道日高地方のアイヌ民族の有志団体「コタンの会」と市民団体「北大開示文書研究会」が、北海道大に遺骨返還を求めた訴訟を追ったドキュメンタリー映画「八十五年ぶりの帰還 アイヌ遺骨 杵臼(きねうす)コタンへ」が、7月末にスペインで開催された「マドリード・アジア国際映画祭」で、最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞した。

     映画は、浦河町杵臼地区の墓地から掘り出された親族の遺骨の返還を求め、北大を訴えた札幌市の小川隆吉さん(82)らの映像を中心に、提訴前から返還された遺骨の埋葬までを追った。

     2012年9月の提訴前に小川さんらが北大を訪問したが、学長との面談がかなわなかった場面や、16年3月の和解後の記者会見の様子などを記録。また原告の一人で、訴訟中に亡くなった城野口ユリさんが、アイヌ歌謡を歌った映像も収録している。

     北大開示文書研究会に所属し、監督・撮影などを務めた札幌市の映像制作者、藤野知明さん(52)によると、上映後、イギリスから来たドキュメンタリー監督に「日本にこんな問題があるなんて知らなかった。大きな人権上の問題だ」との感想をもらったという。藤野さんは「この受賞は、先祖の遺骨返還のため活動しているアイヌの方々を勇気づける」と話した。

     25~26日には、東京で開催される「第11回シューレ大学国際映画祭」、9月6日には福岡市で開催される「福岡インディペンデント映画祭」、10月には「札幌国際短編映画祭」で上映される予定。【日下部元美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
    2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
    3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
    5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです