メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イオン松本

敷地内の旧研究所 解体を発表

解体されることが決まった旧生物科学研究所の建物=松本市で、小川直樹撮影

 イオンモール(本社・千葉市)は、大型ショッピングセンター、イオンモール松本(長野県松本市中央)敷地内にある旧生物科学研究所の建物を解体すると発表した。かつてこの地で製糸業が盛んだったことを伝える貴重な建築物だったが、老朽化のため保存は難しいと判断した。

 片倉製糸紡績(現・片倉工業)が養蚕の研究・試験施設として1936(昭和11)年に建設。木造2階建てで昭和初期の面影を残している。長く研究所として使われ、イオンモールが引き継いだ。

 イオンの松本店建設計画が持ち上がった5年前、地元住民からは「松本に繁栄をもたらした製糸業の歴史を伝…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです