メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主代表選

「対決も解決も」出馬表明の玉木氏

安倍政権との対決色強める路線へ転換の考え示す

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表(49)は10日、党本部で記者会見し、代表選(22日告示、9月4日投開票)への立候補を正式表明した。5月の結党以来主張してきた「対決より解決」路線について「『対決しない』と誤解されるところもあり、少し修正したい。対決も解決もする。対決して政権を取って代わらないといけない」と述べ、安倍政権との対決色を強める路線へ転換する考えを示した。

     立憲民主党など他の野党と一線を画す「解決」路線を巡っては党内に不満があり、出馬に意欲を見せる津村啓介衆院議員(46)も「対決や解決という言葉をもてあそんでいる」などと批判。玉木氏としては、路線対立が代表選で争点化されて亀裂が深まるのを避ける狙いがある。

     玉木氏は、党の支持率が上がらない現状について「責任を痛感している。党勢拡大が私の果たすべき責任だ」と強調。来夏の参院選の候補者調整を行う共同選対の設置や、国会の統一会派結成を各野党・会派に呼びかけ、連携路線へかじを切ると説明した。ただ共産党に対しては「基本的な考え方が違う」と、こうした呼びかけはしない考えも示した。

     一方、大塚耕平共同代表は10日、代表選に出馬せず、玉木氏を支援する意向を記者団に示した。大塚氏は「党勢拡大と野党連携はどの候補にとっても至上命題で、代表選の争点は路線選択ではない」とも語り、玉木氏に歩調を合わせた。

     津村氏は13日に立候補を表明する予定で、国会議員10人の推薦人集めを急ぐ。党内ではさらに現執行部に批判的な一部議員が出馬を模索する一方、執行部支持派には玉木氏の無投票当選を望む声もある。【立野将弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
    2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
    3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
    4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです