翁長知事死去

「沖縄を守る闘い継承」通夜に政界関係者ら

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 膵(すい)がんのため8日に67歳で亡くなった沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事の通夜が10日、那覇市の大典寺で営まれた。与野党の国会議員や県政界関係者らが参列。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対するなど、沖縄の米軍基地負担の軽減を訴え続けた現職知事の死を悼んだ。

 祭壇の中央には笑顔の遺影が飾られた。家族ぐるみで親交があった稲嶺恵一元知事は「道半ばで本人は残念だったと思う半面、安らかな顔を見ると、最後は『できることは全部やった』という気持ちになったのかなと思った」と話した。

 辺野古移設反対をともに訴えてきた照屋寛徳衆院議員(沖縄2区選出)は「言葉を失うぐらいショックだが、沖縄とウチナーンチュ(沖縄の人)の尊厳を守るために命を削って闘ったその遺志を継いで頑張ります、と声を掛けた」と語った。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文722文字)

あわせて読みたい

注目の特集