メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイミー

「すきま時間」をバイトに アプリで仲介

小川嶺タイミー社長(中央)。左は上田祐司ガイアックス社長=東京都千代田区で2018年8月2日、中村かさね撮影

 人手不足に悩む飲食店やコンビニと、すきま時間をアルバイトに有効活用したい人をつなぐマッチングアプリ「タイミー」が10日に公開された。運営会社のタイミー(東京)の社長は立教大3年の小川嶺さん(21)。公開前にすでに学生ら500人と50社が登録予定だといい、「年内に利用者5万人、利用業者500社に拡大したい」と意気込む。従来の業種別の求人・求職仲介ではない「時間と場所」の仲介は、人の働き方や働く意識を変えてしまう可能性もある。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです