メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイミー

「すきま時間」をバイトに アプリで仲介

小川嶺タイミー社長(中央)。左は上田祐司ガイアックス社長=東京都千代田区で2018年8月2日、中村かさね撮影

 人手不足に悩む飲食店やコンビニと、すきま時間をアルバイトに有効活用したい人をつなぐマッチングアプリ「タイミー」が10日に公開された。運営会社のタイミー(東京)の社長は立教大3年の小川嶺さん(21)。公開前にすでに学生ら500人と50社が登録予定だといい、「年内に利用者5万人、利用業者500社に拡大したい」と意気込む。従来の業種別の求人・求職仲介ではない「時間と場所」の仲介は、人の働き方や働く意識を変えてしまう可能性もある。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

 「タイミー」の仕組みは簡単だ。求職者がスマートフォンなどの携帯端末で働きたい時間帯と場所を入力すると、地図上にアルバイトを募集する店舗が表示される仕組み。働ける時間、時給もひと目で分かり、タップすると交渉成立となる。給与はタイミーが立て替え払いし、タイミーは店に立て替え分と成功報酬を請求する。利用者は働いたあと給与の支払いを申請すると、自分の口座に振り込まれる。

 履歴書や面接は一切不要だが、店側は働き手のプロフィルや職歴を事前に確認できる。「時間通りに来なかった」「表記内容と実際の仕事が違った」など雇い手と働き手が互いに事後評価できる仕組みもあり、評価の悪い人を店側が断ることも可能だ。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです