メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイミー

「すきま時間」をバイトに アプリで仲介

小川嶺タイミー社長(中央)。左は上田祐司ガイアックス社長=東京都千代田区で2018年8月2日、中村かさね撮影

 人手不足に悩む飲食店やコンビニと、すきま時間をアルバイトに有効活用したい人をつなぐマッチングアプリ「タイミー」が10日に公開された。運営会社のタイミー(東京)の社長は立教大3年の小川嶺さん(21)。公開前にすでに学生ら500人と50社が登録予定だといい、「年内に利用者5万人、利用業者500社に拡大したい」と意気込む。従来の業種別の求人・求職仲介ではない「時間と場所」の仲介は、人の働き方や働く意識を変えてしまう可能性もある。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

    履歴書・面接なし、給与即払い

     「タイミー」の仕組みは簡単だ。求職者がスマートフォンなどの携帯端末で働きたい時間帯と場所を入力すると、地図上にアルバイトを募集する店舗が表示される仕組み。働ける時間、時給もひと目で分かり、タップすると交渉成立となる。給与はタイミーが立て替え払いし、タイミーは店に立て替え分と成功報酬を請求する。利用者は働いたあと給与の支払いを申請すると、自分の口座に振り込まれる。

     履歴書や面接は一切不要だが、店側は働き手のプロフィルや職歴を事前に確認できる。「時間通りに来なかった」「表記内容と実際の仕事が違った」など雇い手と働き手が互いに事後評価できる仕組みもあり、評価の悪い人を店側が断ることも可能だ。

    人の働き方や働く意識を変えるか=同社のホームページより

    国内で働きながら旅をすることも

     社長の小川さんもアルバイトを転々とした経験がある。「ファストフード、飲食店、日雇い。いろいろやりましたが、あまり長く続かなかった。どうして続かないのかと悩んだこともある」と振り返る。でも、新しい職場には新しい出会いと挑戦があり、仕事が新鮮で楽しかった。タイミーのアプリは学生の使いやすさを第一に、自分自身が欲しかった機能を盛り込んだという。

     「面接や履歴書で時間をかけて互いを見極め、一定期間を一つの職場に勤めるという従来の働き方以外の選択肢を作りたかった」と、小川さんはアプリの狙いを語る。「誰もが好きな時間に好きな場所で、好きなだけ働くというライフスタイルが、いずれは定着すればいい。東京から福岡に出かけ、現地であれこれ仕事をしながら友だちを作って食や文化に触れ、お金がたまったら次の場所に出かける。そんなこともできるようになります」と夢は大きく広がる。

    運営会社は平均年齢22歳

     運営会社は昨年8月に小川さんが学生仲間らと設立。社員はインターンを含めて14人で平均年齢22歳という若い会社だ。当面は渋谷を中心にサービスを展開する。今後は全国展開を目指し、10日に5600万円の資金を調達した。小川さんは「働き手のドタキャンが発生したら、社員がかわりに自転車で駆けつけて働くつもりです」と意気込む。ビジネスモデル特許も出願している。

     運営会社にはソーシャルメディアのコンサルタント大手「ガイアックス」も出資している。小川さんが2日に開いた記者会見に出席した同社の上田祐司社長は「(物・サービス・場所などを多数で共有・交換する)シェアリングエコノミーの日本での市場は5000億円を超えたが、まだ40~60倍の伸びしろがある。タイミーのサービスはシェアリングエコノミーのど真ん中だ」と高く評価。「若者がターゲットで、小川さんが自身の学生という立場を最大限に有効活用できるビジネスだ」と期待を寄せている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
    2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
    3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
    4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
    5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです