米国

対トルコ関税率2倍に トランプ氏、通貨急落理由に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=AP
トランプ米大統領=AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は10日、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を巡り、トルコに対する追加関税の税率を2倍に引き上げる方針を表明した。トルコの通貨リラが対ドルで急落したことを理由にしており、貿易の問題と通貨を直接結びつけた形だ。リラはこの日だけで一時約2割も下落しており、市場に警戒感が広がっている。

 トランプ氏はツイッターに「鉄鋼・アルミの関税を2倍にすると承認した。トルコ・リラが、非常に強いドルに対して急速に下落している!」と投稿した。トルコに対する税率は鉄鋼が50%、アルミは20%に引き上げられる。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文656文字)

あわせて読みたい

注目の特集