メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

個人消費が回復 年率換算で1.9%増

GDP成長率と内外需実質寄与度
4~6月期・GDP速報値の概要

4~6月期速報値、2四半期ぶりにプラス

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1.9%増と、2四半期ぶりにプラスとなった。前期(1~3月)に天候不順などで低迷した個人消費が持ち直したのが要因。ただ、消費が景気を力強くけん引しているとは言い難いのが実情だ。世界的な貿易摩擦の激化などマイナス材料も多く、景気下押しへの懸念も出ている。【岡大介、藤渕志保】

 「6月開幕のサッカー・ワールドカップ(W杯)の影響で、テレビの販売は前年比2割程度増えた。猛暑でエアコンもよく売れている」。大手家電量販店ビックカメラの担当者は、そう話す。今年は全国的に梅雨明けが早かったこともあり、エアコンの販売は6月から2ケタ増で伸びているという。また、共働き世帯の増加を背景に、大容量の冷蔵庫や乾燥機つきドラム型洗濯機の販売も堅調で、「多少価格が高くても、性能に納得すれば購入を決める顧客が増えている」という。

 GDPの約6割を占める個人消費は4~6月期に0.7%増と2四半期ぶりにプラスに転じ、成長を下支えした。前期は、大雪などによる野菜価格の高騰などが足を引っ張りマイナスに沈んだが、それらの要因が解消。17年4~6月期(0.8%増)以来の高い伸びとなった。

 好調な企業業績を背景に企業の設備投資も1.3%増と7四半期連続のプラスとなった。東京五輪・パラリンピックを見据えた建設投資のほか、業務効率化のためのソフトウエアへの投資などが伸びた。消費、設備投資などの「内需」は、成長率を0.6%押し上げた。

 一方、輸出は0.2%増と8四半期連続でプラスだったが、中国などアジア向けが鈍化したことなどもあり前期(0.6%増)より伸びが鈍った。輸入は天然ガスなどが増えたことなどで、1.0%増と前期(0.2%増)から増加幅が拡大。その結果、輸出から輸入を差し引きした「外需」は成長率を0.1%下押しした。物価変動を反映し、生活実感に近いとされる名目GDPは0.4%増、年率換算で1.7%増と、それぞれ2四半期ぶりのプラスだった。

 2四半期ぶりのプラス成長になったことについて、茂木敏充経済再生担当相は「民間需要の増加に支えられた成長で、景気は緩やかに回復している」とのコメントを発表した。

猛暑でキャベツや大根、ピーマンなど野菜の値上がりが続く。個人消費を下押しする可能性も=東京都足立区のベニースーパー佐野店で2018年8月9日、藤渕志保撮影

猛暑で野菜高騰や米の貿易戦争 景気の先行き懸念

 景気の先行きについて、市場では今後も緩やかな回復が続くとの見方が多い。しかし、猛暑で野菜価格が再び上昇しているほか、イラン制裁の影響などでガソリン価格も上昇。生活必需品の値上がりが家計を圧迫し、消費の足を引っ張る恐れも浮上している。

 東京都足立区のスーパーマーケット「ベニースーパー佐野店」の青果担当者は「猛暑で関東近辺の野菜が不作。東北など遠方からの入荷を増やした分、運送費がかかり、値上げせざるを得ない」と話す。買い物に来ていた同区の主婦、玉置真知子さん(50)は「いったん値下がりした野菜が再度値上がりして困っている。ガソリンも高くなっているので、今年の家族旅行は近場で済ませる」とこぼす。

 大和総研の小林俊介エコノミストは「所得環境は改善しているが、将来不安もあり、若年層を中心に消費を手控える動きは根強い」と分析。今後の見通しでは「エネルギーや生鮮品などの価格が上昇すれば、消費が腰折れする恐れもある」と指摘する。

 トランプ米大統領が各国に仕掛ける貿易戦争も懸念材料だ。内閣府は「4~6月期のGDPで影響は出ていない」(幹部)としているが、米中の制裁・報復関税の応酬は激化しており、今後、中国向けの輸出などに影響が出る可能性もある。また、トランプ氏は、自動車・同部品の輸入制限を日本も含めて検討中。実現すれば「日本経済への影響は極めて大きい」(経済官庁幹部)だけに、日本経済の先行きは依然、予断を許さない状況だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです