メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

北朝鮮石炭が違法に流入 ロシア経由

 【ソウル堀山明子】韓国関税庁は10日、国連安全保障理事会の制裁決議によって輸出入が禁じられている北朝鮮産の石炭が、ロシア経由で韓国に違法に流入していたことが確認されたとする調査結果を発表した。関与した韓国の輸入業者3人と3法人を虚偽申告の疑いなどで送検すると明らかにした。トランプ米政権が北朝鮮に対する国際的な包囲網強化を呼びかける中、抜け穴を見逃していた韓国に対する国際的な批判が高まるのは必至だ。

     文在寅(ムンジェイン)政権は、密輸業者の処分と再発予防措置を講じることで、北朝鮮と取引した第三国の企業や個人を対象にした米国による2次制裁を受けるのを避けたい考えだ。

     発表によると、関税庁は北朝鮮産石炭の密輸の疑いがある9件について調査し、うち7件を違法と判断した。3法人は昨年4月から10月にかけて計7回、総額66億ウォン(約6億5000万円)相当の北朝鮮産石炭と銑鉄計3万5038トンを韓国の仁川港などに密輸したとしている。

     香港などの仲介業者が運搬して、ロシアの港で別の船に積み替え、原産地をロシアと偽装していたという。

     韓国業者が密輸に関与した疑惑について、米下院からは韓国企業への2次制裁を求める声も出ており、韓国の保守野党は文在寅外交の失策として追及している。

     韓国外務省はこれまでの記者会見などで、疑惑について北朝鮮産との疑いが出た初期段階から米国と情報交換しており、外交上の問題に発展しないとの見方を強調している。趙顕(チョヒョン)第2次官も9日の与野党院内代表との会合で「米政府が韓国に2次制裁をかけるという話にはならない」と説明した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
    2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
    3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
    4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです