メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江差

「姥神大神宮渡御祭」本祭 街道に色鮮やかな山車

姥神大神宮渡御祭で、街道を巡る蛭子山(手前)など色鮮やかな山車=共同

 北海道南部の江差町で10日、370年以上の歴史がある「姥神大神宮渡御祭」の本祭が始まった。武者人形やちょうちんで飾られた色鮮やかな山車が、江戸時代末期の面影が残る街道を巡った。

     この日は小雨の中、子どもたちが笛や太鼓の祭りばやしを奏で、山車13台が次々に神宮前を出発。法被姿の参加者らが「よーいよーおい」の掛け声と共に力強く山車を引いた。祭りは11日まで。

     町によると、ニシンの豊漁を神に感謝したのが起源で、北海道最古の祭りとされる。山車の一つ「蛭子山」は今年、107年ぶりに新調され、明治以前に京都の人形彫刻師が作った人形「蛭子様」を乗せて練り歩いた。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
    2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
    3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
    4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
    5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです