メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

ヒグマが飼い犬やヤギ襲撃、相次ぐ 羅臼町

北海道羅臼町に隣接する斜里町を歩くヒグマ=2015年6月、本間浩昭撮影

 北海道東部の羅臼町で、飼い犬やヤギがヒグマに襲われる被害が相次いでいる。道南西部の島牧村では生ゴミをあさるヒグマが出没し、投光器で強い光をあてても逃げず、それぞれ自治体や警察署が警戒を呼びかけている。

 羅臼町などによると、1日午後、同町海岸町の住宅敷地内で、漁業の男性(47)が飼い犬の死骸を地面に埋めていた雄の成獣とみられるヒグマを発見。もう1匹の飼い犬も殺され、近くに横たわっていた。いずれもチェーンでつながれていた。ヒグマは獲物を襲った後、食料として地中に埋める習性があり、今…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです