特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

プロバスケ選手が絵本読み聞かせ 岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロバスケットボールBリーグ3部(B3)の岩手ビッグブルズは今月から、東日本大震災で被災した岩手県沿岸部で11日の月命日に震災の教訓を伝える絵本の読み聞かせを始める。選手たちが毎月、交代で2人ほど保育園や幼稚園などを回り、震災当時を知らない子どもたちの前でページをめくる。初回の11日、宮古市の子育て支援施設で読み聞かせをする千葉慎也選手(30)は「少しでも防災の知識が伝わればうれしい」と願う。

 読む絵本は久慈市の詩人、宇部京子さん(66)作の「はなちゃんの はやあるき はやあるき」(絵・菅野博子さん、岩崎書店)。避難訓練を毎月していた野田村保育所の全員が無事避難して「奇跡の脱出」と呼ばれた実話を基にし、2015年に出版された。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文881文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集