メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市立静岡病院

アシネトバクター感染、2人死亡

 静岡市立静岡病院(静岡市葵区)は10日、20~80代の入院患者4人から抗生物質がほとんど効かない多剤耐性菌アシネトバクターが検出され、78歳の男性と81歳の女性が死亡したと発表した。女性は同菌感染による肺炎で死亡し、男性の死因は敗血症で感染との因果関係は不明としている。

     病院によると、死亡した男性は5月3日に旅行先の台湾で発熱して入院し、31日に転院した。転院時の検査で男性のたんから同菌が検出された。

     この男性と死亡した女性、他に感染した2人はいずれも同じ治療室に入院し、男性が感染源になったとみられる。残り2人のうち、1人は感染による肺炎を発症、もう1人は感染したが発症はしていないという。

     病室を検査したところ、たんを吸い取る吸引器具のスイッチから同菌が検出されており、病院は「職員による医療処置やケアの過程の感染予防策が完璧ではなかった可能性がある」としている。記者会見した宮下正院長は「院内で感染が生じたと考えられる患者におわびする」と陳謝した。【大谷和佳子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
    3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
    4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
    5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです