メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬ヘリ墜落

防災ヘリ、たびたび死亡事故

 群馬、長野県境の山中で10日、墜落しているのが見つかった群馬県防災ヘリコプター。今回の事故を含め、公的機関のヘリが墜落して乗員が死亡する事故は過去にもたびたび発生している。

 2009年9月、岐阜県の防災ヘリが活動中に岩壁に接触して墜落し、乗員3人が死亡。10年8月には、海上保安庁のヘリが香川県沖で島の送電線に接触して墜落し、乗員全員が死亡した。17年3月にも、長野県の消防防災ヘリが同県松本市の山中に墜落し、乗員9人全員が死亡した。これら三つの事故はいずれも、今回の事故機と同型だった。

 とりわけ防災ヘリは、気象が刻々と変化する山岳地帯で活動することもあり、死亡事故が相次いでいる。09年に起きた岐阜県防災ヘリの死亡事故は、ヘリの高度が下がり主回転翼(メインローター)が岩壁に接触した可能性が高い。運輸安全委員会は原因について、山岳地帯特有の気流の乱れやエンジンの出力不足を指摘した。

 総務省消防庁は今年3月、長野県の防災ヘリ事故などを受け、操縦士2人が搭乗して1人が操縦に専念し、もう1人が周辺監視役を担う「ダブルパイロット制」を安全対策として推奨していた。【花牟礼紀仁、尾崎修二】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです