メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬ヘリ墜落

「低空飛行で『ボー』のすごい音が鳴り…」

群馬県防災ヘリの墜落現場へ捜索に向かう消防隊員ら=長野県山ノ内町の横手山中腹で2018年8月10日午後6時20分、手塚耕一郎撮影
群馬県防災ヘリ「はるな」の墜落までの経路

山の斜面から急に現れたヘリを目撃

 9人が乗った群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が10日、同県中之条町の山中で墜落。機体の部品が散乱した現場にヘリで駆けつけた自衛隊が8人を発見し2人を救出したが、いずれも死亡が確認された。消防、警察などは地上から救助に向かったが、深い山林と悪天候に阻まれて救出活動は進まず、6人の容体と1人の行方は不明のままこの日の捜索は打ち切られた。

 ヘリは前橋市の群馬ヘリポートを10日午前9時15分ごろ、県防災航空隊員4人を乗せて出発。同9時半ごろには、西吾妻福祉病院(同県長野原町)のヘリポートで吾妻広域消防本部の職員5人が加わり離陸。西に向かった後、登山ルート「ぐんま県境稜線(りょうせん)トレイル」沿いに飛行していたとみられる。そして午前10時ごろ、群馬・長野県境にある「渋峠(しぶとうげ)ホテル」付近で消息を絶った。

 「バッバッバッと爆音がして上を見ると、手が届くような高さを飛んでいた」

 渋峠ホテル専務の児玉英之さん(47)は、ロビーで爆音を聞いて外に出ると、曇り空の中を白色のヘリが低空で長野方面から群馬方面に飛ぶのを見たという。「ふらふらしたり、落ちそうだったりする様子はなかった」ように見えたが「他のヘリとは違う大きな音で大きく見えた」という。

 ホテル前にある直売所の山本俊則さん(61)も午前10時ごろ、ホテル裏の山の斜面から急に現れたヘリを目撃した。白い機体にオレンジと緑色のラインが描かれた機体が約10秒間、数十メートル上空を飛行した後、東に向かっていったという。「低空飛行で『ボー』というすごい音を鳴らして驚いた」と振り返った。

 ヘリは午後2時40分すぎ、同ホテル近くの山中で墜落した状態で見つかった。ホテルには救助活動の指揮本部が設置され、消防隊員や自衛隊員らが集結した。

 群馬県は10日午後3時半すぎから県庁で記者会見を開き、横室(よこむろ)光良・県危機管理監は「大変残念。今は隊員の救出に全力を挙げて対応したい」と答えた。大沢正明知事は「尊い命が失われたことは痛恨の極み。ほかの隊員の安否確認に全力を尽くす」とのコメントを出した。

 吾妻広域消防本部の小池信行消防長は同日午後9時すぎ、群馬県草津町の西部消防署で報道陣の取材に応じ、同本部の職員5人が遭難したことについて「胸が張り裂けそうだ。まだ希望はあるので、鋭意救出に力を入れたい」と沈痛な面持ちで語った。【成田有佳、西銘研志郎、三俣智子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです