メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7月の大阪

37度超で死者急増 前年同月比8割増

7月の最高気温と死者数

 記録的な猛暑となった7月、病院以外の屋内や路上で亡くなった人の数が大阪府内で急増していたことが、府警への取材で明らかになった。特に、大阪市内の最高気温が体温を超える37度以上となった計5日間の死者は、昨年の同じ日と比べて8割増。高気温ほど死者が増えており、熱中症や持病の悪化が背景にあるとみられる。高齢の夫婦が共倒れするケースも相次いだ。猛暑は今後も続く見通しで、さらなる暑さ対策が求められる。

 気象庁によると、7月は全国927の観測地点のうち、108地点で過去最高の気温を記録。府内でも19日…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 青森8人死傷 車大破 住民ら衝撃「見通し良い直線なぜ」
  5. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです