メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

瀬戸、連覇に安堵 「声援で耐え抜けた」

男子200メートルバタフライ決勝で優勝して喜ぶ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年8月10日、佐々木順一撮影

パンパシフィック選手権・第2日(10日)

 男子200メートルバタフライで2連覇を果たした瀬戸大也は「勝たなきゃいけなかった。声援で耐え抜けた」とほっとした口ぶり。前日は400メートル個人メドレーで銅メダル。疲労が蓄積する中、国内の争いが激しさを増す同種目で頂点に立ち、エースの誇りをにじませた。

 50メートルはトップでターンしたものの、その後はデデウス(ブラジル)に抜かれ、リードを広げられた。勝負のラスト50メートル。体力は限界に近づいたが、最後に差し切った。予選後に普段より長めに睡眠を取って回復に努…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです