メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

19歳持田「終盤勝負」 女子200mバタ2位

【パンパシ水泳】女子200メートルバタフライ決勝、2位になり拳を突き上げる持田早智=東京辰巳国際水泳場で2018年8月10日、梅村直承撮影

パンパシフィック選手権・第2日(10日)

 大声援を背に粘りに粘った19歳の持田早智が、女子200メートルバタフライで2位と健闘した。場内のインタビューでは開口一番、「みなさんの応援が聞こえ、最後までしっかり泳げました」と感謝の言葉を口にした。

 スタート直後から勢いよく飛び出し、レースを引っ張った。そこからは冷静だった。周りの動きを確認するようにラスト50メートル…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです