メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚記念プレート

宇宙に届け、2人の名前 筑波大発ベンチャー、超小型衛星に搭載 来年度中に第1弾 /茨城

 結婚の記念にカップルの名前などを書いたプレートを超小型衛星で宇宙に届けるサービスを、筑波大発ベンチャー「ワープスペース」(代表取締役=亀田敏弘・同大准教授)が始めた。オークラフロンティアホテルつくば(つくば市吾妻1)で披露宴のプランとして受け付け、来年度中に第1弾の衛星を国際宇宙ステーション(ISS)から放出する予定だ。【大場あい】

 プレートは縦0・8センチ、横1・8センチの純チタン製で、名前やメッセージなど好きな文字を刻むことができる。ワープスペースが開発した10センチ角の超小型衛星に積み込んだ状態で無人物資補給船「こうのとり」に載せ、ISSに届ける。到着後ISSの日本実験棟「きぼう」から衛星ごと宇宙に放出する。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです