メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浴衣DE美術館

着て見て… 高校生デザインの20着展示 きょうショーも 福井 /福井

展示された浴衣を見て回る来館者=福井市文京3の県立美術館で、塚本恒撮影

 福井市文京3の県立美術館で11日、高校生がデザインした浴衣の展示や和装の来館者に記念品を贈呈する企画「夏を彩る浴衣コレクション~浴衣DE美術館~」が始まった。15日まで。

 「暑い時期に涼しい格好で美術館を楽しんでほしい」と企画し、昨夏に続き2回目の開催。浴衣や着物の来館者(各日先着20人)に記念バ…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです