メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツと世界

インドネシア アジア大会、初の代表 「スマホあれば誰でも」

アジア大会に向けスマートフォンで練習するeスポーツのインドネシア代表、ヘンドリ・ハンディスリャさん=ジャカルタで

 インドネシアの首都ジャカルタで18日に開幕するアジア大会で、コンピューターゲームによる対戦競技「eスポーツ」が初めて公開競技に採用された。4年後の中国・杭州大会では正式競技に格上げされる。地元インドネシアでも、初めて国を代表する緊張を感じながら、選手が猛特訓に励んでいる。

 ジャカルタ市内にある30平方メートルほどのマンションの一室にはパソコンが10台ほど並び、4~5人がゲームの練習に励んでいた。ひときわ真剣な表情でスマートフォンの画面をにらんでいたのが、スポンサー企業の名前が全面に印刷されたTシャツに身を包んだインドネシア代表選手のヘンドリ・ハンディスリャさん(34)だ。

 部屋はヘンドリさんが所属するチームの拠点で、スポンサー企業から所属選手に給料が支払われる。選手生命…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです