メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

日航機墜落 33年後の報告(その2止) 「御巣鷹の家族」増え

それぞれの願いを書いた灯籠を手に、灯籠流しに向かう(左から)小澤秀明さんと妻裕美さん、母紀美さん=群馬県上野村で2018年8月11日午後6時50分、佐藤泰則撮影

 

 ◆伴侶とともに父の供養

母と向き合った喪失

 単独機の事故として世界最大の520人の犠牲者を出した1985年8月12日の日航ジャンボ機墜落事故は、残された家族の人生を大きく変えた。列島に衝撃が走ったあの日、夫の帰りを待つ7人の妻のおなかに七つの命が宿っていた。

 事故から33年後の先月15日の大阪府。真夏日の太陽とセミ時雨の下を、千里ニュータウンの公団に住む小澤紀美(きみ)さん(62)の家に向かいながら、私は事故の翌年に胸に抱かれていた生後半年の赤ちゃんの無邪気な顔を思い浮かべた。

 一周忌を前に、犠牲者の家族を訪ね歩く旅に出た私が真っ先に訪ねたのが、夫の孝之さん(当時29歳)を事…

この記事は有料記事です。

残り4528文字(全文4821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです