メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

酷暑を乗り切る 適度な運動で不眠予防

不眠症の治療として訪問マッサージと運動指導を受ける高山昭夫さん(左)。あん摩マッサージ指圧師の秋元誠吾・治療室リハネット所長がレッグプレスの施術を行った=さいたま市中央区で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 酷暑を乗り切るには快適な睡眠が大切だ。だが、高齢になると、なかなか寝られない夜も増えてくる。快眠を得るためには、年をとるほど必要な睡眠時間が少なくなることを理解し、眠くならない限りは寝ないという生活習慣の改善が必要だ。

 「時々、眠れなくなってつらい。暑いと目が覚めて午前4時ごろまでラジオを聴いている」と千葉県松戸市の女性(90)は話す。病気ではないが眠れずにつらい思いをする高齢者は少なくない。なぜ眠れなくなってしまうのか。

 「年相応の眠りがあることが理解されていないからだ」と睡眠医学が専門の内山真・日本大学医学部精神医学…

この記事は有料記事です。

残り2283文字(全文2576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです