メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわさきちひろ

絵に込めた反戦の願い 長男講演

 絵本画家のいわさきちひろ(1918~74年)の生誕100年を記念し、「ちひろが描いた戦争と平和」と題した講演会が7月、東京都内で開かれた。講演したのは、ちひろの長男で美術・絵本評論家や作家として活動する松本猛さん。2017年には、母ちひろの評伝「いわさきちひろ 子どもへの愛に生きて」を出版した。

 ちひろは淡く優しい筆致で子どもたちの姿を描き、ベトナム戦争末期に制作した「戦火のなかの子どもたち」(1973年)など、反戦の願いを込めた作品を多く生み出した。自身の戦争体験はもちろん、宮沢賢治への傾倒、「原爆の…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国の感染者5000人超す 死者131人に

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 新潟大でカルテ不正閲覧か 刺殺事件で司法解剖した女性 ログ解析、調査へ

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです