メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『火環 八幡炎炎記 完結編』=村田喜代子・著

 (平凡社・1836円)

火のように生きた時代の空気が充満

 村田喜代子の小説にはいつも、火が燃えている。原爆の火が、火山の火が、宇宙の火が、魂の火が。それらの火は、形を変えスケールを変え、作家の内外(うちそと)に燃え続け、数限りない命を照らしながら呑(の)み込みながら、やがて過去も未来もひとつながりの火の環となる。

 『八幡(やはた)炎炎記(えんえんき)』に続く完結編『火環(ひのわ)』を読み終え、わたしのなかに漠然…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです