メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『陰謀の日本中世史』=呉座勇一・著

 (角川新書・950円)

 たとえば本能寺の変、織田信長の死。歴史好きの間では「イエズス会が関わっていた」「いや秀吉だ」など諸説がある。本書は中世を中心にこうした陰謀論を分析している。

 保元・平治の乱や鎌倉、室町時代から戦国、織豊時代など。さまざまな「トンデモ説」は史料を都合良くつまみ食いし、あるいは因果関係を過度に単純明快化して世に送り出される。著者はこうした珍説や奇説を史料を引きなが…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです