メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『鬼と日本人』=小松和彦・著

 (角川ソフィア文庫・950円)

今の時代にも鬼は、ふふふ、いるのだ

 鬼とは何か? 鬼とは誰か?

 民俗学の視点から小松和彦は明快な定義を提示する、「鬼とは人間の分身……人間がいだく人間の否定形、つまり反社会的・反道徳的人間として造形されたもの」と。

 だから、鬼は人を食い、社会を破壊し、人に恨みをいだき、夜中に出没し、子女や財宝を奪い、酒を好んで宴会や遊芸・賭けごとに熱中し、徒党を組み、王国のごときものを作って、山奥や地下界、天上界に棲(す)む。

 なんと人間くさい定義だろう。人間のふるまいをあれこれ考えて、そこまで行ったらもう人間ではない、とい…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです