メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

乳房再建、生活に合わせ=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

インプラントによる乳房再建

 病気やケガなどにより失われたカタチを取り戻す手術は、形成外科医の大事な仕事の一つです。しかし、カタチを取り戻すために患者さんに新たなキズを作ることも多いのです。

 乳がん手術後、乳房の形態を再現するため、体内に埋め込むシリコーン製のバッグ(インプラント)の利用が保険適用されたことを前回、ご紹介しました。これは患者さんにとって福音となりました。自らの皮膚などの移植で患者さんに新たなキズを作ることなく、乳房再建ができるからです。

 乳房のカタチは人によりマチマチで、使用するインプラントも多くの種類があります。形成外科医は、それぞ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです