メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

乳房再建、生活に合わせ=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

インプラントによる乳房再建

 病気やケガなどにより失われたカタチを取り戻す手術は、形成外科医の大事な仕事の一つです。しかし、カタチを取り戻すために患者さんに新たなキズを作ることも多いのです。

 乳がん手術後、乳房の形態を再現するため、体内に埋め込むシリコーン製のバッグ(インプラント)の利用が保険適用されたことを前回、ご紹介しました。これは患者さんにとって福音となりました。自らの皮膚などの移植で患者さんに新たなキズを作ることなく、乳房再建ができるからです。

 乳房のカタチは人によりマチマチで、使用するインプラントも多くの種類があります。形成外科医は、それぞ…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです