特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

稲葉調の指し回し

 稲葉は[先]7五角(図)について「もう少しいい攻め方がないかと思ったが……」と局後話した。しかし次の[先]6四角が十分厳しく、久保は「本譜(の指し方)かと思った」と言う。[先]2五飛は味のいい補給。[後]1八馬はつらいが仕方がない。

 稲葉は入手した桂を[先]8五桂と打ち、さらに圧力をかけた。久保は[後]7二歩と我慢の受け。[後]7二香のほうが反発力はあるが、[先]6五飛[後]同歩[先]4二角成[後]同金[先]7三銀[後]9二玉[先]9五歩([先]9三桂成以下の詰めろ)で一気に寄ってしまう。

 実戦でも強襲の順は存在していたが、香を温存されると少し意味合いが違うらしい。久保は「[後]7二歩でやって来られたらやむなし」と腹をくくっていた。稲葉ももちろん前述の変化は見えていたが、そこまで無理をする必要はないと考えた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文833文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集