メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

抗認知症薬とどう向き合うか 仏は保険適用除外「医療上の利益不十分」

日本国内で承認されている抗認知症薬のうちの一部。右の「ドネぺジル」は「アリセプト」の後発品

 アルツハイマー病(AD)の症状の進行を緩和する抗認知症薬が、フランスで今月から公的医療保険の対象外になった。「医療上の利益が不十分」との理由からだが、日本では専門学会が使用を推奨しており、見直しに向けた動きはみられない。今回のフランスの対応を受け、抗認知症薬とどう向き合えばいいのかをまとめた。【河内敏康、渡辺諒】

 「公的医療保険の適用を正当化するには十分でない」。抗認知症薬について、フランス保健省は6月、こう発表した。国内の医療技術の評価を担う高等保健機構(HAS)の勧告に従った措置という。

この記事は有料記事です。

残り2092文字(全文2341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです