メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほん

『黙って野たれ死ぬな』 船本洲治・著

 <日曜カルチャー>

 船本洲治(しゅうじ)(1945~75年)は旧満州(現中国東北部)の生まれ。広島大除籍後、東京・山谷や大阪・釜ケ崎で寄せ場(日雇い労働の求人業者と求職者が多数集まる場所)解放闘争に身を投じ、沖縄で焼身自殺した。「やられたらやりかえせ」「黙って野たれ死ぬな」などのスローガンの創造者として知られる。

 れんが書房新社版(85年)の新版。旧版で船本の遺稿とされたもの3編を削除し、労働者集会での発言や労働者向け雑誌に発表した文章を時系列で並べた。<船本遺稿集の完全版>(遺稿集刊行会の上山純二さん)という。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです