メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「外国人のリアル」編 第3部 共生の壁/下 壁絵で心つながれ 模索続く支援の手

ピロティの落書きを前にする前潟自治区長。「きれいにして自慢できる場所になれば」と期待する=愛知県豊田市の保見団地で3日

 東京で開かれている写真展の案内に目が留まった。写真家、名越啓介さん(40)が愛知県豊田市の保見団地で3年間生活し撮影した作品展「Familia保見団地」。Familiaは、ポルトガル語で「家族」。外国人との共生のヒントを求めていた私は7月、会場に足を運んだ。

 被写体の中心は日系ブラジル人ら外国人の若者たち。パーティーに興じる男女、全身のタトゥー、赤ん坊、帰国する仲間との涙の別れ--。日本とは思えない。生命力にあふれ目が離せない。昼間の団地はいつも静かで、そこで暮らす人たちの姿を知らないことに気づいた。名越さんは「母国と日本を往復する少年たちは『自分の国はどっちなんだ』と境遇にいら立ちを感じながらも、団地を故郷だと思っている」と教えてくれた。

 実は、いら立ちの表れを感じた場所が団地にある。県営住宅25棟のピロティだ。壁一面がペンキやスプレー…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1339文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです