メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

見つかるきっかけは=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 今、我が国では、毎年100万人以上の人々が新たにがんと診断されています。これらのがんは、どのようなきっかけで発見されたのでしょうか。

 がんが見つかるきっかけは、大きく3通りに分けられます。

 第一は、市区町村や職場で実施される、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸(けい)がん、前立腺がんなどを対象としたがん検診です。仮に1000人が検診を受けたとすると、1種類のがんについて10~100人程度は、精密検査が必要と判断されます。そして、最終的には1種類のがんについて1~2人、数種類を合わせると10人程度ががんと診断されています。

 また、がん検診を受けた1000人のうち数百人は、1次検査でがんを疑われ、精密検査を受け、最終的にが…

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです