メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 金門島(台湾) 兵隊の町の面影を探す

観光名所の陽翟街。現在では珍しくなった軍の標語が見られる

 台北の松山空港から飛行機で1時間の距離にある台湾の離島・金門島は、中国福建省のアモイと2キロしか離れていません。かつて国民党軍と共産党軍との激戦地になりましたが、2001年に「小三通」と呼ばれる船便がアモイとの間に就航し、30分で結ばれています。飛行機より安く便数が多いため、台湾の宗教団体がご神体を抱いて乗船する光景もしばしば見られます。

 中台の緊張緩和で、最盛期には10万人を超えた兵士は数千人に減りました。いま、金門の視線は大陸全土か…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  3. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 元タレント羽賀研二受刑者を逮捕へ 強制執行妨害の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです