連載

心と体の調和~ハーモニー~

日ごろの診療やNPO活動を通じて「調和」の大切さを掲げる公衆衛生専門医、伊藤明子(みつこ)さんが、医療、健康、食と栄養などについてつづります。

連載一覧

心と体の調和~ハーモニー~

3年後の自分をつくるもの=伊藤明子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 両親から譲り受けた遺伝情報が自分のもとになるのですが、遺伝情報の上・表面の部分は、食べものや飲みもの、ストレスや環境の中の物質などで変化し、これをエピジェネティクスと言います。

 一卵性の双子は、まったく同じDNA情報を持って生まれますが、生後に食べたものや受けたストレス、飲んだ薬などが違うことで体質が異なってくることは、エピジェネティクス変化が起きていることとして知られています。

 その変化は、人間の生涯にわたって続くと考えられており、また、次の世代や数世代にわたって影響を与えていくことが分かっています。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文525文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集