メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

東京医大の女子受験生一律減点 容認する人がいることに驚く

松尾貴史さん作

 東京医科大学が、入学試験で女子受験生の成績に一律減点という「いかさま」を施していたことが表ざたになり、次から次へ追加情報が湧いてきて、ここまで構造的にも意識的にも腐っているのかと思うと、ただただ暗たんたる思いが募るばかりだ。

 受験する学生たちにとっては、自分の人生を懸ける大事な局面だ。厳正なふうをまとって、受験するだけで4万円も6万円も受験料を払わされる試験で、こんな悪辣(あくらつ)なことが行われていたのだ。世間に知れる発端となったのは、文部科学官僚の息子に、何と20点も加算して75人中74位で合格にさせたという裏口入学の事件だったが、別の男子学生には49点の加算が行われたこともある。教育機関の人権意識の欠如で、大学のモラル全体の話に広がってきた。女性差別という根深く前近代的なあしき価値観で行われ続けていることも問題だ。

 さらに驚くのは、皮肉なのかギャグのつもりなのか、この大学に「女性研究者活動支援」の名目で8000万…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです