メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

絢子さまと守谷さん「納采の儀」 正式に婚約

納采の品を記した目録を受け取られる絢子さま=東京・元赤坂の高円宮邸で2018年8月12日(宮内庁提供)

 高円宮家の三女絢子(あやこ)さま(27)と日本郵船社員の守谷慧(けい)さん(32)の「納采(のうさい)の儀」が12日、東京・元赤坂の高円宮邸で行われた。一般の結納にあたる儀式で、正式に婚約が成立した。結婚式は10月29日に渋谷区の明治神宮で行われる。

 納采の儀は、2002年に急逝した絢子さまの父高円宮さまの肖像画が飾られた宮邸の応接室で、午前10時に始まった。

 守谷さんの使者として、親戚の医師、近藤達也さん(76)=医薬品医療機器総合機構理事長=が、絢子さまと母久子さまに「納采を行いたく存じます。なにとぞ幾久(いくひさ)しくお納めくださいますようにお願い申し上げます」と口上を述べた。絢子さまは「謹んでお受けいたします」と応えた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです