山形

巨大「芋煮鍋」まもなく完成 日本一奪還へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成が間近に迫る「三代目鍋太郎」=山形市富神台で2018年8月9日、深尾昭寛撮影
完成が間近に迫る「三代目鍋太郎」=山形市富神台で2018年8月9日、深尾昭寛撮影

 山形市で9月16日に開かれる秋の風物詩「日本一の芋煮会フェスティバル」に向けて製作中の巨大鍋「三代目鍋太郎」(直径6.5メートル)の完成が、間近に迫ってきた。今月下旬に完成予定で、大きさ「日本一」を奪還することになる。【深尾昭寛】

 1992年から活躍した「二代目」(同6メートル)は昨年で引退。2001年には岐阜県高山市の鍋(同6.1メートル)に日本一を奪われていた。

 新たな「顔」製作の総事業費は約5200万円。地元の鋳造、溶接業者らが製作を担い、今年4月から各パーツを溶接して巨大な鍋を作ってきた。8月9日には山形市富神台の建築製作金物会社「ナガセ」で、鍋の外側に「日本一の芋煮会」の銘板などが取り付けられた。同社の村井一成工場長(58)は「何とかここまでたどり着いた。自分の子どもを社会に送り出すような気持ち」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集