メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落33年

「御巣鷹の尾根」 遺族ら慰霊登山

 520人が犠牲になった1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故から33年となる12日、標高1539メートルの墜落現場「御巣鷹(おすたか)の尾根」(群馬県上野村)には、早朝から多くの遺族らが花束や線香などを手に、慰霊登山に訪れた。遺族の高齢化が進む中、今年は、登山道の階段の段差が大きい箇所に補助階段が…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです