メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍

日本軍の偽装見破り東北の軍事施設を空襲

 1945年8月9、10日に東北各地の軍事施設などが狙われた空襲で、攻撃を担った米海軍第38任務部隊が、上空からの発見を免れようと日本軍が飛行場を田や住宅地のように偽装したり、戦闘機を林の中に隠したりしていた工作を見破り、空爆したとする報告書が見つかった。この空襲は、米軍が同年11月に予定していた九州上陸作戦を前に日本の航空戦力破壊を狙った戦略の一環とみられる。【山田研】

 空襲の実態を調べる「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議」事務局長の工藤洋三さん=山口県=が米公文書…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです