特集

公文書・歴史の記録

毎日新聞デジタルの「公文書・歴史の記録」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

米軍

日本軍の偽装見破り東北の軍事施設を空襲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1945年8月9、10日に東北各地の軍事施設などが狙われた空襲で、攻撃を担った米海軍第38任務部隊が、上空からの発見を免れようと日本軍が飛行場を田や住宅地のように偽装したり、戦闘機を林の中に隠したりしていた工作を見破り、空爆したとする報告書が見つかった。この空襲は、米軍が同年11月に予定していた九州上陸作戦を前に日本の航空戦力破壊を狙った戦略の一環とみられる。【山田研】

 空襲の実態を調べる「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議」事務局長の工藤洋三さん=山口県=が米公文書館から入手した米海軍の報告書の写しを分析して明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1142文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集