メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易協議

対立は回避 車・農業は9月に先送り

 【ワシントン清水憲司】日米両政府は10日(日本時間11日)、2日間にわたった新たな閣僚級貿易協議(FFR)の初会合を終えた。交渉のやり方をめぐっては2国間を求めた米国に対し、日本が多国間を重視する立場を示し折り合わなかったが、両国間の貿易促進策を探ることで一致。9月の次回会合以降、自動車や農業など個別分野を議論する方向となった。日米は同月下旬に見込まれる首脳会談までに貿易促進の具体策作りを目指しており、日本はこれによって米国が検討中の自動車・同部品の輸入制限を回避したい考えだ。

 FFRは、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が2日間にわたり協議…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです